CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
ランキングサイト
人気blogランキングへ

にほんブログ村へ

ブログの殿堂
男の懺悔室
MOBILE
qrcode
2017年の映画鑑賞の振り返り

新年明けましておめでとうございます。

このブログも細々とではありますが更新していく予定なので
今年もよろしくお願いします。

今回は2017年に見た映画の簡単な評価です。

劇場で12本、レンタルで11本、テレビ(BS)で1本、
合計24本見ました。


■とても良い
  ワンダーウーマン

■良い
 この世界の片隅に
 LION/ライオン 〜25年目のただいま〜
 LOGAN/ローガン
 ライフ
 スター・ウォーズ/最後のジェダイ
 ズートピア
 ボーダーライン
 エクス・マキナ
 トランボ ハリウッドに最も嫌われた男
 ドント・ブリーズ
 飢餓海峡  
 
■並
 アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場
 キングコング: 髑髏島の巨神
 帰ってきたヒトラー
 シークレット・アイズ
 映画「ST 赤と白の捜査ファイル」
 ザ・ギフト
   
■不良
 ザ・マミー/呪われた砂漠の王女
 猿の惑星: 聖戦記
 イレブン・ミニッツ
 インビテーション
 
■論外
  (該当なし)


■見逃した時間が多いため評価できず
 ドクター・ストレンジ
  IMAX3D版をみたのですが、映像酔いしたのか途中で気分が悪くなってしまいました

 ブレードランナー 2049
  中盤で睡魔に襲われて、結構な時間、寝てしまったので


今年はスリー・ビルボード(2月)、ブラックパンサー(3月)、パシフィック・リム:アップライジング(4月)、
ジュラシック・ワールド/炎の王国(7月)辺りに期待しています♪

 

 

JUGEMテーマ:映画

 

| 映画 | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
【映画】モンスター上司

ニック、カート、デイルの3人は、それぞれ耐えがたい上司の下で毎日うんざりする日々を送っていた。

自ら会社を辞めるつもりはない3人は、少しでも仕事をマシにするため、怪しげな酒飲みの元詐欺師のアドバイスを受けて「上司排除計画」を練る。

しかし、いざ計画を実行に移すとそこには大きな落とし穴が……。

 

出典:映画.com
http://eiga.com/movie/56623/

 

>>>>>

 

主役の3人はよく知らないのですが、周りの役者がやけに豪華で、しかもイケメンのコリン・ファレルがバーコード頭だったりするなど、今までのイメージにないキャラクターを演じているのが面白い。

中盤、意外な展開があったりしてストーリーも飽きさせません。

難点はタイトルがダサいところでしょうか。

上司の殺害を企てるという物騒なテーマを上手いこと愉快なコメディに仕上げているのに、ひねりのないタイトルのせいで敬遠している人が少なからずいるような気がして残念です。

 

星は3つ。
★★★☆☆
4つでもいいけど。

 

JUGEMテーマ:映画

 

| 映画 | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
【映画】ホビット 思いがけない冒険

青年ビルボ・バギンズはホビット庄で静かに暮らしていた。
そんなあるとき、魔法使いのガンダルフに声をかけられる。
そして、邪竜スマウグに奪われたドワーフたちの財宝を取り戻すため、
ドワーフ王率いる13人のドワーフと共に“はなれ山”への遠征に出かける。


出典:ぴあ映画生活

http://cinema.pia.co.jp/title/s-157564


>>>>>


劇場でHFR版を見ました。


HFR(ハイフレームレート)とは1秒当たりのコマ数を従来の24から48に
倍増させた技術のことですが、この効果にIMAX+3Dが加わって、キャラクターが
スクリーン越しではなく、目の前の舞台上に存在しているかのような圧倒的な
臨場感で、これまでにない映画体験でした。


170分の長尺ながら、それを感じさせないくらい。


星は4つ
★★★★☆

 

このシリーズ以降、(自分が知る限り)HFRの作品が上映されておらず
残念に思っていたのですが、2018年以降公開のアバターの続編がHFRで
撮影されるとの記事を目にしました。


出典:映画.com

http://eiga.com/news/20161108/8/


ちょっと楽しみです♪

 

 

JUGEMテーマ:映画

 

| 映画 | 00:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
マン・オブ・スティール [Blu-ray]

マーサとジョナサンの夫婦に育てられたクラーク・ケント。

 

クラークは実はクリプトン星に生まれ、星の滅亡を予測した

ジョー=エルが地球に送った彼の息子だった。

 

幼い頃よりクラークは周囲の人々とは違う特殊能力を持っていることに
苦悩していたが、やがて地球を守るという自らの使命に気付く……。


出典:ムービーウォーカー

http://movie.walkerplus.com/mv48816/

 

>>>>>

 

超人的身体能力を持つ者同士のバトルがド迫力です。

 

スピーディーでめまぐるしく画面が展開していくシーンが長時間、
続くので、見応えはありますが若干疲れます。

 

それだけの激闘を繰り広げておきながら身体に傷ひとつ
付かないのは違和感がありますが、これも超人的身体能力の
一種でしょうか。

 

あと、142分は少々長い気がします。

 

星は3つ。

★★★☆☆

 

JUGEMテーマ:映画

 

| 映画 | 00:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
007/スカイフォール [Blu-ray]

MI6のエージェントのジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、

NATOの諜報(ちょうほう)部員の情報が記録されているハードドライブを

強奪した敵のアジトを特定し、トルコのイスタンブールに降り立つ。

その組織をあと少しのところまで追い詰めるも、同僚のロンソンが傷を負ってしまう。

上司のM(ジュディ・デンチ)からは、敵の追跡を最優先にとの指令が入り、

後から駆け付けたアシスタントエージェントのイヴ(ナオミ・ハリス)と共に、 敵を追跡するボンドだったが……。

出典:シネマトゥデイ

 

>>>>>

 

ノーカントリー を彷彿とさせる、ハビエル・バルデム演じる
敵のボスとボンドとの攻防がとてもスリリング!

走る列車の上でのバトルや露店の並ぶ街中でのバイクチェイスなどの
アクションはド派手で、IMAXの高画質高音質が更に派手さを増しています。

舞台も世界各地に渡っていてそれぞれ趣きがありますが
特に上海やマカオの異国情緒感が印象的でした。

あと、あの人があんなことになってしまうラストが意外

星は4つ。

★★★★☆

JUGEMテーマ:映画

 

| 映画 | 00:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
【映画】エンダーのゲーム [Blu-ray]

異星人の侵攻を受けた地球は、衛星軌道上に「戦いを終わらせる者」を育成するバトルスクールを設立し、

世界中から優秀な子どもたちを集めていた。

一家族がもうけられる子どもは2人までと定められた世界で、禁断とされる3人目の子ども=サードとして生まれたウィッギン家の少年エンダーは、それゆえに冷遇されて育ったが、やがて才能を見込まれバトルスクールに送られる。

優秀な成績をおさめ、みるみる頭角を現すエンダーに周囲は「戦いを終わらせる者」として期待を寄せるが、エンダーは戦うことへの疑問と重い宿命に苦悩する。そんな中、最終戦争の時が迫り……。

http://eiga.com/movie/79060/

(引用元:映画.com)

>>>>

※少々のネタばれあり※

 

劇場でIMAX版を見たので、宇宙での戦闘シーンなどは迫力があって
そこは良かったです。

一方で、ストーリーや設定には不満があります。

上級生も含めた他の生徒より優秀だからこそ、
最終的にエンダーが総司令官(?)に抜擢されたのだと思うのですが、
彼が優れていることを示すエピソードが見当たりません。

また、疑似宇宙空間での戦闘訓練も、
実践の役に立っているようには感じられません。

指揮するのは重力のある宇宙船内だし、攻撃も部下にやらせて
自身は指示するだけだからです。

物語はラスト近くで意外な展開を見せます。

それに対するエンダーが平和的精神の持ち主だったので、
希望の持てるエンディングになったのは良かったと思います。

 

星は3つ
★★★☆☆

 

JUGEMテーマ:映画

 

| 映画 | 00:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年の振り返り

1月も中旬になろうとしていますが、明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

 

2017年最初のエントリは、去年見た映画のまとめです。

劇場で12本、レンタルBD(DVD)で12本、合計24本鑑賞しました。

 


■とても良い
コードネームU.N.C.L.E.

 

■良い
バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生
シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
ターミネーター:新起動/ジェニシス
スター・ウォーズ/フォースの覚醒
ジェイソン・ボーン
パシフィック・リム
ナイトクローラー
キングスマン


■可もなく不可もなく
ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
ドリーム ホーム 99%を操る男たち
グランド・ブダペスト・ホテル
イット・フォローズ
X-MEN:アポカリプス
インフェルノ
パワー・ゲーム
鍵泥棒のメソッド
オデッセイ
ミッドナイト・イン・パリ
ルーム


■イマイチ
インデペンデンス・デイ:リサージェンス
ハドソン川の奇跡
ダーク・プレイス

 

■論外
(該当なし)

 


いま気になっているのは1月27日公開の
「ドクター・ストレンジ」ですね。

 

予告編を見ましたが、ビジュアルが圧巻です。


 

JUGEMテーマ:映画

 

| 映画 | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
【映画】シャーロック・ホームズ

ストーリー:
新たな難事件に挑むことになった名探偵シャーロック・ホームズ(ロバート・ダウニー・Jr)。
相棒のワトソン博士(ジュード・ロウ)とともに宿敵ブラックウッド(マーク・ストロング)に立ち向かう。
そんな中、国の崩壊をもくろむ巨大な陰謀を暴くための壮絶な闘いが、ホームズとワトソンを待っていた。

引用元:シネマトゥデイ


偏屈で性格に難のあるホームズと堅物のワトソン、2人のやり取りが楽しい。

 

演じるロバート・ダウニー・Jr、ジュード・ロウともに適役という感じでした。

ダウニー・Jrはアイアンマンのイメージが強くて、それと被る時もあったけど(^^;)、


造船所や食肉加工場のシーンなどは大掛かりなセットで見応えありました。

 

一方で、ホームズ=推理モノという印象がありますが、
その点では見る側が推理する余地がほとんどなく、不満が残りました。

 

黒幕の真の狙いが実は別のところにあるのが明らかになるラストは、
意外性があって面白いと思いました。

 

星は3つ。
★★★☆☆


JUGEMテーマ:映画

 

| 映画 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
【映画】第9地区 [DVD]

正体不明の巨大宇宙船が突如、南アフリカ共和国に飛来した。

しかし、そのUFOは首都ヨハネスブルグ上空に浮かんだまま、まるで動こうとしない。

痺れを切らした南アフリカ政府はヘリコプターで偵察隊を派遣。

船内で彼らを待ち受けていたのは、不衛生で弱り果てたエイリアンの群れだった。

 

出典:Movie Walker

>>>>>

エイリアンというと、圧倒的、あるいは未知の力で人類を恐怖に陥れる。

 

そんなイメージを持っていましたが、この映画のエイリアンは窃盗や放火などの
犯罪を頻発させて地域住民に忌み嫌われる存在として登場し、その点で今までの
エイリアン映画に余りない斬新さです。

エイリアンの生態をドキュメンタリー風に描いた前半から、主人公の身体に
異変が生じ始める中盤以降はシリアスなストーリーになって、意外な展開でした。

表面的ではなく本質的な意味で真にエイリアンなのはどちらなのか、
というのがテーマかとも思いましたが、深読みし過ぎかもしれません。

星は4つ。
★★★★☆

 

JUGEMテーマ:映画

 

| 映画 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
SP 革命篇
応募して当選した試写会で鑑賞。
2011年3月のことです。

大胆で奇想天外な国家転覆計画は、平和ボケした私には(同じような人は
多いのではと思います)ピンとこない部分もありますが、その計画が
綿密な準備によって行われていて、意外にリアリティを感じさせました。

SP vs テロリストの、真に迫ったアクションも見応えあって良かった。

残念だったのは登場人物の素性・経歴がよく分からず、世界観に
入り込めなかったこと。

ただこれは、TVドラマ版や映画版の前作(野望編)を見ていないので
仕方がないのですが。

過去作品を全く見ていないのになぜ試写会に応募したのか、
という指摘はもっともではありますが、それはなしでお願いします。

まさか当たるとは思っていなかったので。。


JUGEMテーマ:映画
| 映画 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/16PAGES | >>