CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
ランキングサイト
人気blogランキングへ

にほんブログ村へ

ブログの殿堂
男の懺悔室
MOBILE
qrcode
マン・オブ・スティール [Blu-ray]

マーサとジョナサンの夫婦に育てられたクラーク・ケント。

 

クラークは実はクリプトン星に生まれ、星の滅亡を予測した

ジョー=エルが地球に送った彼の息子だった。

 

幼い頃よりクラークは周囲の人々とは違う特殊能力を持っていることに
苦悩していたが、やがて地球を守るという自らの使命に気付く……。


出典:ムービーウォーカー

http://movie.walkerplus.com/mv48816/

 

>>>>>

 

超人的身体能力を持つ者同士のバトルがド迫力です。

 

スピーディーでめまぐるしく画面が展開していくシーンが長時間、
続くので、見応えはありますが若干疲れます。

 

それだけの激闘を繰り広げておきながら身体に傷ひとつ
付かないのは違和感がありますが、これも超人的身体能力の
一種でしょうか。

 

あと、142分は少々長い気がします。

 

星は3つ。

★★★☆☆

 

JUGEMテーマ:映画

 

| 映画 | 00:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
007/スカイフォール [Blu-ray]

MI6のエージェントのジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、

NATOの諜報(ちょうほう)部員の情報が記録されているハードドライブを

強奪した敵のアジトを特定し、トルコのイスタンブールに降り立つ。

その組織をあと少しのところまで追い詰めるも、同僚のロンソンが傷を負ってしまう。

上司のM(ジュディ・デンチ)からは、敵の追跡を最優先にとの指令が入り、

後から駆け付けたアシスタントエージェントのイヴ(ナオミ・ハリス)と共に、 敵を追跡するボンドだったが……。

出典:シネマトゥデイ

 

>>>>>

 

ノーカントリー を彷彿とさせる、ハビエル・バルデム演じる
敵のボスとボンドとの攻防がとてもスリリング!

走る列車の上でのバトルや露店の並ぶ街中でのバイクチェイスなどの
アクションはド派手で、IMAXの高画質高音質が更に派手さを増しています。

舞台も世界各地に渡っていてそれぞれ趣きがありますが
特に上海やマカオの異国情緒感が印象的でした。

あと、あの人があんなことになってしまうラストが意外

星は4つ。

★★★★☆

JUGEMテーマ:映画

 

| 映画 | 00:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
【映画】エンダーのゲーム [Blu-ray]

異星人の侵攻を受けた地球は、衛星軌道上に「戦いを終わらせる者」を育成するバトルスクールを設立し、

世界中から優秀な子どもたちを集めていた。

一家族がもうけられる子どもは2人までと定められた世界で、禁断とされる3人目の子ども=サードとして生まれたウィッギン家の少年エンダーは、それゆえに冷遇されて育ったが、やがて才能を見込まれバトルスクールに送られる。

優秀な成績をおさめ、みるみる頭角を現すエンダーに周囲は「戦いを終わらせる者」として期待を寄せるが、エンダーは戦うことへの疑問と重い宿命に苦悩する。そんな中、最終戦争の時が迫り……。

http://eiga.com/movie/79060/

(引用元:映画.com)

>>>>

※少々のネタばれあり※

 

劇場でIMAX版を見たので、宇宙での戦闘シーンなどは迫力があって
そこは良かったです。

一方で、ストーリーや設定には不満があります。

上級生も含めた他の生徒より優秀だからこそ、
最終的にエンダーが総司令官(?)に抜擢されたのだと思うのですが、
彼が優れていることを示すエピソードが見当たりません。

また、疑似宇宙空間での戦闘訓練も、
実践の役に立っているようには感じられません。

指揮するのは重力のある宇宙船内だし、攻撃も部下にやらせて
自身は指示するだけだからです。

物語はラスト近くで意外な展開を見せます。

それに対するエンダーが平和的精神の持ち主だったので、
希望の持てるエンディングになったのは良かったと思います。

 

星は3つ
★★★☆☆

 

JUGEMテーマ:映画

 

| 映画 | 00:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年の振り返り

1月も中旬になろうとしていますが、明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

 

2017年最初のエントリは、去年見た映画のまとめです。

劇場で12本、レンタルBD(DVD)で12本、合計24本鑑賞しました。

 


■とても良い
コードネームU.N.C.L.E.

 

■良い
バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生
シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
ターミネーター:新起動/ジェニシス
スター・ウォーズ/フォースの覚醒
ジェイソン・ボーン
パシフィック・リム
ナイトクローラー
キングスマン


■可もなく不可もなく
ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
ドリーム ホーム 99%を操る男たち
グランド・ブダペスト・ホテル
イット・フォローズ
X-MEN:アポカリプス
インフェルノ
パワー・ゲーム
鍵泥棒のメソッド
オデッセイ
ミッドナイト・イン・パリ
ルーム


■イマイチ
インデペンデンス・デイ:リサージェンス
ハドソン川の奇跡
ダーク・プレイス

 

■論外
(該当なし)

 


いま気になっているのは1月27日公開の
「ドクター・ストレンジ」ですね。

 

予告編を見ましたが、ビジュアルが圧巻です。


 

JUGEMテーマ:映画

 

| 映画 | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
【映画】シャーロック・ホームズ

ストーリー:
新たな難事件に挑むことになった名探偵シャーロック・ホームズ(ロバート・ダウニー・Jr)。
相棒のワトソン博士(ジュード・ロウ)とともに宿敵ブラックウッド(マーク・ストロング)に立ち向かう。
そんな中、国の崩壊をもくろむ巨大な陰謀を暴くための壮絶な闘いが、ホームズとワトソンを待っていた。

引用元:シネマトゥデイ


偏屈で性格に難のあるホームズと堅物のワトソン、2人のやり取りが楽しい。

 

演じるロバート・ダウニー・Jr、ジュード・ロウともに適役という感じでした。

ダウニー・Jrはアイアンマンのイメージが強くて、それと被る時もあったけど(^^;)、


造船所や食肉加工場のシーンなどは大掛かりなセットで見応えありました。

 

一方で、ホームズ=推理モノという印象がありますが、
その点では見る側が推理する余地がほとんどなく、不満が残りました。

 

黒幕の真の狙いが実は別のところにあるのが明らかになるラストは、
意外性があって面白いと思いました。

 

星は3つ。
★★★☆☆


JUGEMテーマ:映画

 

| 映画 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
【映画】第9地区 [DVD]

正体不明の巨大宇宙船が突如、南アフリカ共和国に飛来した。

しかし、そのUFOは首都ヨハネスブルグ上空に浮かんだまま、まるで動こうとしない。

痺れを切らした南アフリカ政府はヘリコプターで偵察隊を派遣。

船内で彼らを待ち受けていたのは、不衛生で弱り果てたエイリアンの群れだった。

 

出典:Movie Walker

>>>>>

エイリアンというと、圧倒的、あるいは未知の力で人類を恐怖に陥れる。

 

そんなイメージを持っていましたが、この映画のエイリアンは窃盗や放火などの
犯罪を頻発させて地域住民に忌み嫌われる存在として登場し、その点で今までの
エイリアン映画に余りない斬新さです。

エイリアンの生態をドキュメンタリー風に描いた前半から、主人公の身体に
異変が生じ始める中盤以降はシリアスなストーリーになって、意外な展開でした。

表面的ではなく本質的な意味で真にエイリアンなのはどちらなのか、
というのがテーマかとも思いましたが、深読みし過ぎかもしれません。

星は4つ。
★★★★☆

 

JUGEMテーマ:映画

 

| 映画 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
SP 革命篇
応募して当選した試写会で鑑賞。
2011年3月のことです。

大胆で奇想天外な国家転覆計画は、平和ボケした私には(同じような人は
多いのではと思います)ピンとこない部分もありますが、その計画が
綿密な準備によって行われていて、意外にリアリティを感じさせました。

SP vs テロリストの、真に迫ったアクションも見応えあって良かった。

残念だったのは登場人物の素性・経歴がよく分からず、世界観に
入り込めなかったこと。

ただこれは、TVドラマ版や映画版の前作(野望編)を見ていないので
仕方がないのですが。

過去作品を全く見ていないのになぜ試写会に応募したのか、
という指摘はもっともではありますが、それはなしでお願いします。

まさか当たるとは思っていなかったので。。


JUGEMテーマ:映画
| 映画 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
2015年の映画鑑賞を振り返って
2015年は劇場で12本、レンタルBDで12本、合計24本の映画を観ました。

以下はその簡単な評価です。


■とても良い
セッション
ジュラシック・ワールド

■良い
アメイジング・スパイダーマン2
神さまの言うとおり
マッドマックス 怒りのデス・ロード
ゴーン・ガール
007 スペクター
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

■可もなく不可もなく
ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション
フォックスキャッチャー
チャッピー
エベレスト3D
大脱出
マイティ・ソー ダーク・ワールド
フューリー
ケープタウン

■もう少し
女神は二度微笑む
シグナル
草原の実験
エージェント:ライアン
LUCY/ルーシー
シン・シティ 復讐の女神
トランセンデンス
テッド

■時間の無駄
(該当なし)


詳しい感想は後日、掲載の予定です。

JUGEMテーマ:映画
 
| 映画 | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
リアル鬼ごっこ スタンダード・エディション [DVD]
山田悠介のベストセラー小説が原作のサスペンス。
国王の命令により、佐藤姓の人々が“鬼”に抹殺される別世界に迷い込んだ高校生が、サバイバルを展開する。

引用元:movieWalker
http://movie.walkerplus.com/mv36900/

>>>>>

パラレルワールドとは時間の流れや存在する人は同じだけど、
環境や人の性質は全く異なる世界のことのようですが、ある世界で
死んだ人は同じタイミングで別の世界のその人も死んでしまうという
設定を活かしたストーリーは面白いと思いました。

また、単なるパニック映画ではなく、佐藤姓を狙う動機が
用意されているのも良かった。

ただ、その動機が特に驚くようなものではなかったのが
残念でしたが・・・

あと、翼が粗野な言葉遣いの人間で、不快な印象でした。

星は2つ。
★★☆☆☆

 
JUGEMテーマ:映画
| 映画 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
バイオハザードIV アフターライフ [DVD]
人気サバイバル・アクションゲームを基にしたミラ・ジョヴォヴィッチ主演の
アクション・ホラーのシリーズ第4弾。

アンデッドが跋扈する近未来を舞台に、ヒロイン・アリスと諸悪の根源である
アンブレラ社との戦いが再び繰り広げられる。

ゲーム版をほうふつさせるモンスターに加え、人気キャラ、クリスが初めて映画版に登場!

引用元:movieWalker
http://movie.walkerplus.com/mv46085/

>>>>>

アバターと同じ、3Dを前提に作られたフル3D作品なので、
飛んでくる斧や銃弾を思わず避けてしまうくらい、
臨場感は素晴らしいですが、ただそれだけの映画でした。

ストーリーは単調で驚きや意外性に乏しく、キャラクター設定も
浅く感じました。

97分の本編時間を長くすれば解決する問題かもしれないけれど、
この映画はこれで良かったように思います。

今回、2200円でIMAX3D版を見ましたが、
それだけの価値は感じませんでした。

が、IMAX3Dでないとこの映画の最大であり、
唯一の魅力であるアクションや映像を十分に楽しめないので難しいところです。

星は3つ。
★★★☆☆
ただし1つはIMAX3Dに対して。

JUGEMテーマ:映画
| 映画 | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/15PAGES | >>