CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
ランキングサイト
人気blogランキングへ

にほんブログ村へ

ブログの殿堂
男の懺悔室
MOBILE
qrcode
<< 初SRは呂蒙 | main | M-1グランプリ2007が終わりましたが(ネタバレ) >>
犬神家の一族 通常版
石坂浩二,松嶋菜々子,尾上菊之助,富司純子,松坂慶子,萬田久子,奥菜恵,深田恭子,市川崑,横溝正史
¥ 3,030
(2007-07-06)
昭和22年、信州・那須市。地元の有力者であり大手製薬会社の
創業者である犬神佐兵衛の遺言が明らかになるが、その内容は
親族でもない野々宮珠世に条件付きで自身の全財産を譲るという
ものだった。

この遺言が明らかになった直後から、犬神家の関係者が次々と
他殺体となって発見される。

犬神家の顧問弁護士から依頼を受けた探偵の金田一耕助は、
事件の調査を始める。

>>>>>

横溝正史作品から私が連想する言葉は「陰惨」「ドロドロ」
「不気味」などですが、同名の原作を映画化したこの作品からは
その辺りが余り感じられません。

例外は、広大で静寂な湖に頭から沈められた死体の両足だけが
湖面から露出している場面。ここだけは強烈なインパクトが
あります。

あとは欲にとらわれた娘役の女優3人(富司純子、松坂慶子、
萬田久子)の演技が凄みがあって印象的でした。

上の商品画像をクリックすると詳細情報の確認や購入ができます。

※下の“続きを読む”は自分の備忘録であり、ネタバレですが、
 物語を良く理解できていないので間違いがあるかもしれません(^^;

星は2つ。
★★☆☆☆

JUGEMテーマ:映画

珠世は実は佐兵衛の娘。
犬神製薬は裏で麻薬を製造していた。
佐清(すけきよ)と静馬(しずま)は、必要に応じて入れ替わっていた。
真犯人は松子だが、その犯行を佐清と静馬が影でサポートしていた。
| 映画 | 23:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:44 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック